110度CS左旋(読み)ヒャクジュウドシーエスサセン

デジタル大辞泉の解説

ひゃくじゅうど‐シーエスさせん〔ヒヤクジフド‐〕【110度CS左旋】

110度CSデジタル放送通信衛星(CS)による、左旋円偏波を用いた4K8Kデジタル衛星放送の送出方式。従来の右旋円偏波より高い周波数で伝送容量を増やすことにより、高精細・高画質の放送に対応する。→110度CS右旋110度CS4K放送

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android