コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

74年米国通商法 ななじゅうよねんべいこくつうしょうほうTrade Act of 1974

1件 の用語解説(74年米国通商法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

74年米国通商法
ななじゅうよねんべいこくつうしょうほう
Trade Act of 1974

1962年に成立した通商拡大法は,世界貿易の拡大を目指した自由貿易主義的傾向の強い通商法であったが,67年のケネディ・ラウンドの締結後,アメリカ国内においては国内産業保護という政治的圧力が常に議会に加えられるようになってきた。そのような状況の中でさまざまな法案が提出され,それらをまとめた形で成立した法律。主な特徴はエスケープ・クローズ (第 201条) および大統領対抗措置 (第 301条) の基本的な枠組みが規定されたことである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

74年米国通商法の関連キーワードみかんぐみ角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎チェコ文学天と地とアルシメド号ウェインコネリーブルック

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone