A. ビネー(英語表記)Alfred Binet

20世紀西洋人名事典の解説


1857.7.8 - 1911.10.18
フランス心理学者。
元・ソルボンヌ大学生理学的心理学研究室主任
ニース生まれ。
初め法律学を学び、弁護士となったが、その後1878年に法律を捨て、初めは神経学、後に心理学を、パリのサルペトリエール病院で学び、1891年まで同病院に留まった。その後ソルボンヌ大学生理学的心理学研究室に移り研究に従事し、1895年同研究室の主任となり、死ぬまでその地位にあった。自分の2人の娘に対して行った「知能の実験的研究」(1903年)は有名である。小学校での精神薄弱児と普通児とを弁別する目的で医者シモンとともに個別式知能検査を創案した。その他の著書に「知能障害の子供たち」(’07年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android