A. マルテンス(英語表記)Adolf Martens

20世紀西洋人名事典の解説

A. マルテンス
Adolf Martens


1850 - 1914
ドイツの科学者。
プロイセンの国有鉄道に入り鉄鋼の材質調査を担当。未開拓の分野であった顕微鏡による金属の微小組織の研究に着目。顕微鏡と研磨腐食の技法で、鋳鉄と鋼の内部に規則的に配列された組織の観察に成功。1878年に発表し、これらの組織が化学分析と対応することを明らかにし、英国のソルビーによって鉄鋼の顕微鏡組織はすでに発見されていたものの、鉄鋼の顕微鏡研究の実用化に成功する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android