コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ALARA ALARA

1件 の用語解説(ALARAの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アララ【ALARA】[as low as reasonably achievable]

as low as reasonably achievable国際放射線防護委員会が1977年の勧告で示した放射線防護の基本的な考え方を示す概念で、「合理的に達成可能な限り低く」を意味する略語。放射線を利用する場合、社会的・経済的要因を考慮しながら、人体への被曝をできるだけ少なくするよう努力することを意味する。→放射線防護の三原則

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のALARAの言及

【線量限度】より

…そこで,国際放射線防護委員会は,(1)正当化,つまり放射線被曝を伴う行為はそれによって総体でプラスの利益を生むものでなければ採用してはならない,(2)最適化,つまり被曝を経済的および社会的な要因を考慮に入れながら合理的に達成できるかぎり低く保たなければならない,(3)制限,つまり個人の被曝線量は委員会が勧告する限度を超えてはならない,の3点から成る線量制限体系を勧告している。このうちの(2)の最適化は原文の〈as low as reasonably achievable〉からALARA思想といわれるものであり,(3)の制限が線量限度である。 線量限度を定量的に定めるにあたっては,放射線被曝によって誘発される癌や,遺伝的障害の確率,すなわち,危険度を他の因子による危険度と比較評価する考え方を適用する。…

【放射性廃棄物】より

…一方,気体や液体の放射性廃棄物は,処理の過程で発生した物も含め可能な限り放射性物質を除去して許容濃度以下にしてから,大気や水圏などの環境へ放出する。軽水炉の場合には,アララALARA(as low as reasonably achievable)と呼ばれる〈実際上可能な限り低く〉という原則により発電所周辺住民の年間被曝線量を0.05ミリシーベルト以下とする設計が求められている。
[再処理施設放射性廃棄物]
 再処理施設から発生する放射性廃棄物は,高レベル廃棄物を含むことと,核分裂生成物およびTRU(アメリカ流の表現であり,原子番号93以上の超ウラン元素を指す)を含む物が多いことが特徴であり,比較的短寿命のβ・γ放射性物質を主とする原子力発電所の物と対照的である。…

【線量限度】より

…そこで,国際放射線防護委員会は,(1)正当化,つまり放射線被曝を伴う行為はそれによって総体でプラスの利益を生むものでなければ採用してはならない,(2)最適化,つまり被曝を経済的および社会的な要因を考慮に入れながら合理的に達成できるかぎり低く保たなければならない,(3)制限,つまり個人の被曝線量は委員会が勧告する限度を超えてはならない,の3点から成る線量制限体系を勧告している。このうちの(2)の最適化は原文の〈as low as reasonably achievable〉からALARA思想といわれるものであり,(3)の制限が線量限度である。 線量限度を定量的に定めるにあたっては,放射線被曝によって誘発される癌や,遺伝的障害の確率,すなわち,危険度を他の因子による危険度と比較評価する考え方を適用する。…

【放射性廃棄物】より

…一方,気体や液体の放射性廃棄物は,処理の過程で発生した物も含め可能な限り放射性物質を除去して許容濃度以下にしてから,大気や水圏などの環境へ放出する。軽水炉の場合には,アララALARA(as low as reasonably achievable)と呼ばれる〈実際上可能な限り低く〉という原則により発電所周辺住民の年間被曝線量を0.05ミリシーベルト以下とする設計が求められている。
[再処理施設放射性廃棄物]
 再処理施設から発生する放射性廃棄物は,高レベル廃棄物を含むことと,核分裂生成物およびTRU(アメリカ流の表現であり,原子番号93以上の超ウラン元素を指す)を含む物が多いことが特徴であり,比較的短寿命のβ・γ放射性物質を主とする原子力発電所の物と対照的である。…

※「ALARA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ALARAの関連情報