コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BIMSTEC BIMSTEC/びーあいえむえすてぃーいーしー Bay of Bengal Initiative for Multi‐Sectoral Technical and Economic Cooperation

2件 の用語解説(BIMSTECの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

BIMSTEC

1997年にベンガル湾周辺のタイ、インドバングラデシュスリランカの4カ国で発足した国際協力枠組みミャンマー(ビルマ)、ネパールブータンも加わり、現在の構成国は7カ国になっている。発足時は閣僚級の協議だけで、貿易・投資、技術、交通・通信、エネルギー、観光、漁業の6分野での協力を提唱した。2004年7月にバンコク開かれた初の首脳会議では、域内の自由貿易協定を早期に成立させ、経済発展を促す首脳宣言を採択した。自由貿易協定については、タイ、インドなど先行グループから関税を順次撤廃し、17年までに全域に広げる考え。もともと東南アジアの中軸を自認するタイが「西方(ルックウエスト)政策」を掲げ、南アジア地域大国インドが「東方(ルックイースト)政策」を打ち出してBIMSTECの牽引車となっており、東南アジアと南アジアをつなぐ経済圏の構築を目指している。インドには、中国が「南下政策」をとって東南アジアに接近しているのに対抗する狙いもある。また、タイからインドまでミャンマー経由で伸びる道路建設や、同国南部の港湾開発なども論議されており、ミャンマーの発展と改革がBIMSTECの成功のカギのひとつと言えそうだ。

(竹内幸史 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

BIMSTEC

「ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ」の略称。1997年にバングラデシュ、インド、スリランカ、タイの4カ国で発足し、同年にミャンマー、2004年にネパール、ブータンが加盟した。貿易・投資、エネルギー、交通・通信など14分野での協力を掲げる。

(2014-03-05 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

BIMSTECの関連キーワードインドシナ半島ベンガル文学ベンガル湾ベンガル分割令ベンガル山猫ベンガラ糸ベンガルールベンガルタイガーベンガル虎西ベンガル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

BIMSTECの関連情報