コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーケット Marquette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーケット
Marquette

アメリカ合衆国,ミシガン州北部,スペリオル湖南岸にのぞむ都市。 1849年入植,フランス人宣教師で探検家の J.マルケットにちなんで命名。鉄鉱石,木材の積出港。化学・鋳物・鉱山機械工業などが立地,観光事業も盛んである。ノーザンミシガン大学の所在地。人口2万 1977 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マーケット(market)

食料品や日用品などを商う店が集まっている場所や建物。市場(いちば)。「スーパーマーケット
市場(しじょう)。「マーケットを広げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

株式公開用語辞典の解説

マーケット

特定の金融商品が売買される市場のこと。マーケットに多くの投資家が集まり、資金が流入すると、マーケットは活性化し、拡大していく。日本の場合、株式は、証券取引所を中心としたマーケットが形成されている。企業が株式市場に上場する際の基準が緩和されたり、東証マザーズなどの新しいマーケットが創設されたり、マーケットの拡大に対して、制度が後押しをしている状況である。また債券は、株式と異なり、証券会社間の店頭取引が中心のマーケットとなっている。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

マーケット【market】

日用品・雑貨品・食料品などを売る店の集まっている所。市場いちば。 「 -へ買い物に行く」
商品の売り先。市場しじよう。 「新しい-を開拓する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーケット
まーけっと
market

市場(しじょう)、市場(いちば)。需要と供給とがぶつかり合って価格が形成され、取引が現実化される場あるいは空間をいう。世界市場、国内市場などのように、特定の場所に制約されない抽象的な空間をさすときは市場(しじょう)という。中央卸売市場、証券取引所などのような特定の場をもつ市場を具体的市場という。具体的市場のうち小規模なものを、普通、市場(いちば)という。市場(しじょう)は資本市場、労働市場のように必要に応じ細分される。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマーケットの言及

【定期市】より

…中世中期に都市が成立すると,そこでは週市は毎日開かれる形態をとることになった。マーケットmarketやマルクトMarktは週市に由来する名であった。 年市は年に1~2回開かれ,本来遠隔地商人たちのための,週市より大規模な市をいう。…

※「マーケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マーケットの関連キーワードベア・マーケット(Bear Market)ブル・マーケット(Bull Market)ボージョーアウンサンマーケットスラカルCBフルーツマーケットafter businessBISマーケット・リスク規制スーパーマーケットマルイチいかりスーパーマーケットdocomoマーケットsuper chain競争上のポジショニングフーズマーケットホックアフター・マーケットマーケットメイク制度クインシーマーケットmini super聖ジョージマーケットマネー・マーケットカルフール[会社]ハイパーマーケット

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マーケットの関連情報