BIS

知恵蔵の解説

BIS

1930年5月、共同出資によりスイスバーゼルに設立された各国中央銀行のための国際銀行。日本はサンフランシスコ講和条約に基づきいったん非加盟となったが、70年に復帰した。加盟行は2006年6月末現在55行。加盟国中央銀行のために、預金の受け入れ、金・為替の売買、代理行為や受託業務を行うだけでなく、国際金融の統計資料の公表なども行う。また、国際金融問題についての各国中央銀行間の討議機関でもあり、88年7月にBISの下部組織であるバーゼル銀行監督委員会において、国際業務を行う銀行に必要な自己資本比率を8%以上とする国際的統一規制が合意され(いわゆるBIS規制、実施は92年末)、96年1月には市場リスクが規制対象に含まれた(97年末実施)。99年6月には、融資先の格付けに応じてより細かくリスク・ウエート(risk weight)を定め、オペレーショナルリスクも含むより包括的な内容を持つ新BIS規制(バーゼルII)が提案された。2004年6月に最終案がまとまり、06年末から段階的に導入される。

(絹川直良 国際通貨研究所経済調査部長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

BIS【ビーアイエス】

BIS(ビス)

BIS【ビス】

国際決済銀行Bank for International Settlementsの略称。1930年スイスのバーゼルに設立された銀行。当初第1次大戦後のドイツ賠償金処理機関として発足したが,その後各国中央銀行の清算機関となり,第2次大戦後はヨーロッパ諸国間の支払・金融協定実務機関となる。また,国際間の金融取引に伴うリスクにより生じうる金融不安の発生を回避させるために,国際金融取引を行う各国の市中銀行に対して基準とすべき行動規制や市場規制を設けるなど,国際金融の秩序形成に積極的な役割を果たしている。加盟国45(1998)。日本は1970年に正式加盟。→BIS自己資本比率規制
→関連項目永久劣後債早期是正措置パリ・クラブヨーロッパ通貨機構

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビーアイエス【BIS】

国際決済銀行Bank for International Settlementsの略称。〈ビス〉ともいう。1930年1月,第1次大戦の戦敗国ドイツから賠償金を取り立て関係国に分配する機関としてスイスのバーゼルに設立され,同年5月から業務を開始した。参加国は,イギリス,フランス,ドイツ,イタリア,ベルギー,スイス,日本の7ヵ国。その後機能を拡大し,各国中央銀行相互間の資金決済や,金融,経済情勢に関する意見交換の場となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

知恵蔵miniの解説

BiS

日本人女性によるアイドルユニット。日本語名(別名)は「新生アイドル研究会」(英称「Brand-new idol Society」)。2010年12月、ソロ活動を休止していた歌手のプー・ルイをリーダーとして活動開始。11年3月、デビューアルバム「Brand-new idol Society」をつばさレコーズより発売。12年4月、avex traxへ移籍。12年10月、移籍後初のアルバム「IDOL is DEAD」をリリースし、オリコン週間ランキング10位を記録。当初よりメンバーの加入、脱退を繰り返しており、13年10月、終身名誉メンバーとしてファッションデザイナーのコシノジュンコが加入。14年2月、同年7月8日に横浜アリーナで行われるワンマンライブ「BiSなりの武道館」を最後に解散することを正式発表した。

(2014-2-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

BISの関連情報