コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CABG シーエービージー CABG

1件 の用語解説(CABGの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シー‐エー‐ビー‐ジー【CABG】[coronary artery bypass grafting]

coronary artery bypass grafting》慢性閉塞を起こした冠動脈疾患の治療法の一つ。患者の胸部・胃・前腕の動脈、または下肢の静脈を用いて、狭窄(きょうさく)・閉塞した部分の末梢側と大動脈の間に血流の迂回路をつくり、冠状動脈の血流を改善する。冠動脈バイパス術冠動脈大動脈バイパス移植術。
[補説]開胸手術をしない治療法として、経皮的冠動脈形成術(PTCA)がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CABGの関連キーワードASCCCUAAAIH層々貫入クビ差 (by a neck)ハナ差 (by a nose)蹄冠真皮 (sensitive coronary band)蹄冠帯 (coronary band)アタマ差 (by a head)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CABGの関連情報