コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CHTML シーエッチティーエムエルCHTML

デジタル大辞泉の解説

シー‐エッチ‐ティー‐エム‐エル【CHTML】[compact hypertext markup language]

compact hypertext markup language》⇒コンパクトHTML

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CHTML

Compact HTML」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

シーエイチティーエムエル【CHTML】

コンパクトHTML。⇒コンパクトHTML

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

cHTML
しーえいちてぃーえむえる
Compact Hyper Text Markup Language

携帯電話やPDA(個人用の携帯情報端末)などの情報端末で閲覧できるウェブサイトを作成するための記述言語の一種。Compact(コンパクト)HTMLの略。複数のメーカーによって開発され、インターネットのWWWで表示されるページを作成するためのHTMLの仕様をもとに、携帯電話の狭いディスプレーでは表示しきれないタグ(文書構造や書式、他の文書へのリンクなど)を除いてつくられている。そのため、HTMLで作成されたものを携帯情報端末に作成し直しやすいという利点がある。
 また、携帯電話の電子メールに関しても、メールの文字や背景の色を変えたり、文字に動きをつける、絵文字の利用ができるなど、さまざまな装飾を設定できるサービスを各社がcHTMLに対応して実施している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

CHTMLの関連キーワードWorld Wide Web

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android