コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

D線 ディーせん D-line

2件 の用語解説(D線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

D線
ディーせん
D-line

ナトリウム原子の最低の励起状態から基底状態への遷移に伴って生じるスペクトル線のことをいう。ナトリウム原子のスペクトルのうちでは最も強い線である。波長が 589.995nmと 589.592nmの2本の線から成る二重線スペクトルであって,黄色の強い光を出すので炎色反応に使われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ディー‐せん【D線】

ナトリウムの原子スペクトル見られる代表的な輝線。黄色の強い輝線で、波長がごく近いD1線(589.6ナノメートル)、D2線(589.0ナノメートル)からなり、あわせてD線と呼ぶ。ナトリウムランプのほか、屈折計偏光計の光源に用いられる。ナトリウム線ナトリウムD線

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

D線の関連キーワードナトリウムエトキシドメスバウアー効果励起励起状態ナトリウムアルコキシドナトリウム炎ナトリウムメトキシド原子蛍光低ナトリウム血ボルツマンの方程式(天文学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

D線の関連情報