屈折計(読み)くっせつけい(英語表記)refractometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屈折計
くっせつけい
refractometer

光に対する物質屈折率測定するための器械液体固体に対して使われる液浸屈折計,アッベの屈折計,プルフリヒの屈折計などがある。測定しようとする物質を,屈折率のわかっている物質でつくった標準プリズムに光学的に接触させて,その境界面で起る全反射を利用して測定するようになっている。またジャマンの干渉計干渉を利用した屈折計で,気体の屈折率測定に使われる。そのほか精密測定のためにはその物質でプリズムをつくって分光計で屈折角をはかる方法が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

屈折計【くっせつけい】

光に対する物質の屈折率を測定する器械。ふつう屈折率のわかっている標準プリズムを物質に接触させ,境界面で起こる全反射を利用する。液体中にプリズムを浸す液浸屈折計,固体物質を30°,60°,90°のプリズムに切って同じ形の標準プリズムに接触させる(液体なら二つの標準プリズムの間に入れる)アッベの屈折計,直角の標準プリズムに直角に切った物体をのせる(液体は直接接触させる)プルフリヒの屈折計などがある。→屈折屈折の法則

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くっせつけい【屈折計 refractometer】

屈折率を測定する器械。固体,液体,気体など対象の相違により,また原理の相違により非常に多くの種類のものが作られている。偏角法は,屈折率の異なる二つの媒質(一方は測定媒質)の平面境界面を光が透過するとき,屈折の法則に従って光線方向が変化することを利用するもので,角度の測定から屈折率を求める。図1は偏角法の一つである差動型屈折計の原理を示したもので,屈折率n1,n2の二つのプリズムに図に示すように光を入射すると,偏角δは, n22sin2α=n12sin2α±2n1sinαcosαsinδ+sin2δで与えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屈折計
くっせつけい

光の媒体(物質)の光に対する屈折率を測定する計器。二つの異なる媒体が平面を境として接しているとき、この境界面を通過する光線は屈折し、境界面の法線と光線との角度θ1、θ2はつねに次の関係を満たす。

  n1sinθ1n2sinθ2
n1n2はそれぞれの媒体の屈折率である。この関係を用い、真空の屈折率を1と定める基準に基づいて物質の屈折率が求められる。対象物質が固体の場合には、これでプリズムをつくりθ1およびθ2を測定する。対象物質が液体の場合には、臨界角、すなわちθ1が直角となるときのθ2を全反射現象によって検出する方法が効果的である(アッベ屈折計)。

 屈折率を求める他の手段として、媒体中の光の波長を測定する方法があり、一種の光波干渉計が用いられる。

[三井清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くっせつ‐けい【屈折計】

〘名〙 物質の光に対する屈折率を測定する機械。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

屈折計
クッセツケイ
refractometer

屈折率の測定に用いる器械.アッベ屈折計,プルフリッヒ屈折計などがあるが,プルフリッヒ屈折計は取り扱いが便利,かつ精確で,広く用いられる.直角プリズムの直角をはさむ二面が水平と垂直になるように置き,水平の面の上に試料液体を入れた容器を置き,液体とプリズム面は接触させる.この接触面すれすれに水平に一定波長の単色光(NaD線水素原子のバルマー線)の光束を入射させる.入射光線は屈折してプリズム中に入り,プリズムの垂直面からふたたび空気中に屈折して出射する.このときの出射角をi,試料液体およびプリズムのガラスの屈折率をそれぞれnnG とすると,nは,

n

で与えられる.nの測定精度は1×10-4

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報