コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈折計 くっせつけい refractometer

7件 の用語解説(屈折計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屈折計
くっせつけい
refractometer

光に対する物質の屈折率を測定するための器械。液体や固体に対して使われる液浸屈折計アッベの屈折計プルフリヒの屈折計などがある。測定しようとする物質を,屈折率のわかっている物質でつくった標準プリズムに光学的に接触させて,その境界面で起る全反射を利用して測定するようになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くっせつ‐けい【屈折計】

光に対する物質の屈折率を測定する器械。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

屈折計【くっせつけい】

光に対する物質の屈折率を測定する器械。ふつう屈折率のわかっている標準プリズムを物質に接触させ,境界面で起こる全反射を利用する。液体中にプリズムを浸す液浸屈折計,固体物質を30°,60°,90°のプリズムに切って同じ形の標準プリズムに接触させる(液体なら二つの標準プリズムの間に入れる)アッベの屈折計,直角の標準プリズムに直角に切った物体をのせる(液体は直接接触させる)プルフリヒの屈折計などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

屈折計

 光が物体に入射したときに屈折を示すが,その屈折の度合を測定する器具.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くっせつけい【屈折計 refractometer】

屈折率を測定する器械。固体,液体,気体など対象の相違により,また原理の相違により非常に多くの種類のものが作られている。偏角法は,屈折率の異なる二つの媒質(一方は測定媒質)の平面境界面を光が透過するとき,屈折の法則に従って光線方向が変化することを利用するもので,角度の測定から屈折率を求める。図1は偏角法の一つである差動型屈折計の原理を示したもので,屈折率n1,n2の二つのプリズムに図に示すように光を入射すると,偏角δは, n22sin2α=n12sin2α±2n1sinαcosαsinδ+sin2δで与えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くっせつけい【屈折計】

光に対する物質の屈折率を測定する装置。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屈折計
くっせつけい

光の媒体(物質)の光に対する屈折率を測定する計器。二つの異なる媒体が平面を境として接しているとき、この境界面を通過する光線は屈折し、境界面の法線と光線との角度θ1、θ2はつねに次の関係を満たす。
  n1sinθ1n2sinθ2
n1n2はそれぞれの媒体の屈折率である。この関係を用い、真空の屈折率を1と定める基準に基づいて物質の屈折率が求められる。対象物質が固体の場合には、これでプリズムをつくりθ1およびθ2を測定する。対象物質が液体の場合には、臨界角、すなわちθ1が直角となるときのθ2を全反射現象によって検出する方法が効果的である(アッベ屈折計)。
 屈折率を求める他の手段として、媒体中の光の波長を測定する方法があり、一種の光波干渉計が用いられる。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屈折計の関連キーワード界面湿潤熱相対屈折率球差pHメーターアッベ屈折計糖用屈折計アベレス法ベッケ線水分計

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屈折計の関連情報