DPP(読み)ディーピーピー

翻訳|DPP

デジタル大辞泉の解説

ディー‐ピー‐ピー【DPP】[Director of Public Prosecutions]

Director of Public Prosecutions》英国で、公訴局長。重大な刑事事件の訴追を行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

流通用語辞典の解説

DPP【direct product profit】

ダイレクト・プロダクト・プロフィット(DPP)個別単品ごとの利益貢献を計算する会計手法。但し、本部経費アロケーションなど間接費の配分はなされておらず、直接費の単品へ振り分けがきわめて複雑なため、現在はABCの手法に移りつつある。DPP計算式は売上高−原価=粗利益高−変動DPC+現金割引=DPP−スペースコスト=DPP(スペースコスト配布後)−その他間接費+その他収入

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

DPP

〖direct product profit〗
直接製品利益。単品別に、業者の利益にリベートを加えたものから物流関連費や情報処理費などを引いて算出する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DPPの関連情報