コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公共経済学 コウキョウケイザイガク

デジタル大辞泉の解説

こうきょう‐けいざいがく【公共経済学】

市場機構では解決困難ないしは解決不可能な公共的経済問題、例えば、公共財供給環境汚染、都市・交通・医療問題などを研究対象とし、非市場的解決を主題とする経済学の新しい一分野。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

公共経済学【こうきょうけいざいがく】

自由競争市場を基本とする経済社会において,公共部門の果たす役割を研究対象とする学問市場の失敗前提とし,政策的にどのような解決方法があるか分析することを主な目的とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうきょうけいざいがく【公共経済学 public economics】

民主的政治体制と私有財産制に基づく自由競争市場を基本とする経済社会における公共部門の果たす役割を研究対象とする学問。公共経済学という呼称の使用は比較的新しく,ノルウェーのヨハンセンLeif Johansenが1964年に著した《offentling Økonomikk》が翌年《Public Economics》として英訳されたのが,この言葉が広く用いられるようになった嚆矢(こうし)であろう。72年に同名を冠した学会誌《Journal of Public Economics》が発刊されるに至り,この呼称が学会に定着した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公共経済学
こうきょうけいざいがく
public economics

主として財政学を母体とし、厚生経済学の成果を援用することによって、市場部門では解決困難ないし解決不可能な現代の複雑で大きな諸問題を研究対象とする学問。伝統的な財政学が租税論を中心に主として収入面を扱ったのに対して、公共経済学の問題領域ははるかに拡大されており、収入面のみならず支出面にも十分に注意を払い、公共的選択の理論とよばれる諸個人の異なる選好から出発して社会全体の合理的な選択をするにはどうしたらよいかというような問題領域をも包含している。
 公共経済学ということばが使用されるようになったのは比較的最近のことであり、1959年に出版されたR・A・マスグレイブ(マスグレーブ)の名著『財政理論』The Theory of Public Financeで用いられたのが最初であろう。同書は伝統的な財政学の問題領域を大幅に拡大したものであるが、マスグレイブはその序文で、書名をThe Theory of Public Economyとしたほうがよかったかもしれないと述べている。その後、絶対的にはもちろん相対的にもますます多くの仕事が公共部門の手にゆだねられるようになったこと、また、近代経済学の分析手法が発達し、それを取り入れて分析が進められるようになったことなどにより、1970年代になって公共経済学は本格的な発展をみることとなった。
 公共経済学の扱う対象は、資源の配分、所得や富の再分配、経済の安定化という三つの分野に大きく分けられる。第一の資源配分の分野は、もっとも古くから財政の機能として考えられてきた分野であるが、最近では公共財の理論として、いかなる財・サービスを公共部門で供給すべきかが問題として設定されている。また、この分野では、公共財の直接的供給のみならず、公害、環境破壊、都市問題、交通、医療、教育、社会保障、公共料金問題なども同時に扱われ、いわゆる準公共財の問題として、民間部門に供給責任はゆだねながらも公共部門がどこまで介入すべきかが検討される。第二の所得や富の再分配は、いわゆる福祉国家においてはますます重要視される傾向がある。租税による再分配に加えて、社会保障の給付金をはじめとする移転支出の割合が急速に上昇しているが、どの程度の再分配が望ましく、またいかなる形での再分配をすべきかは、公共経済学の大きな問題領域である。第三は、経済安定化の分野である。スタグフレーションの悪化が先進諸国の共通の現象となり、ケインズ流のフィスカル・ポリシーの魅力も色あせてきてはいるが、経済安定化の必要性自体はすこしも減少していない。社会や経済の構造的変化に対応した経済安定化の方法を探ることは、公共経済学にとって今後とも重要な課題である。[林 正寿]
『R・A・マスグレイブ著、大阪大学財政研究会訳『財政理論』全3冊(1961・有斐閣) ▽C・V・ブラウン、P・M・ジャクソン著、大川政三・佐藤博監訳『公共部門の経済学』(1982・マグロウヒル好学社) ▽岡野行秀・根岸隆編『公共経済学』(1973・有斐閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の公共経済学の言及

【財政学】より

…財政の長期的側面では,1950年代後半にあらわれた新古典派成長理論は,資本と労働の代替を技術的に認めることにより,資本の完全利用と労働の完全雇用が保証されるとしたため,財政の強力な役割は想定されていない。
【財政学から公共経済学へ】
 1973年の第1次石油危機と79年の第2次石油危機により世界経済はスタグフレーション(インフレと不況の同時進行)に直面し,それに対する有効な解決策を提示できなかった。このため新古典派経済学と財政学の権威は失墜した。…

※「公共経済学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公共経済学の関連キーワードサミュエルソン(Paul Anthony Samuelson)ダイヤモンド(Peter A. Diamond)リチャード・A. マスグレイブジェイムズ・M. ブキャナンM.S. フェルドスタインジョセフ スティグリッツ男女平等ランキングスピルオーバー効果L. ヨハンセンスティグリッツミクロ経済学マーリーズビッカリー交通経済学野口悠紀雄尾上久雄意思決定公共投資ビクリー市場機構

公共経済学の関連情報