コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ECMA えくま

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ECMA

1961年に欧州のコンピューター会社を中心に設立された、欧州電子計算機工業会の略称。欧州を中心に活動している情報通信分野の国際標準化団体で、主にデータ処理システムの標準化などを行っている。外部リンクhttp://www.ecma-international.org/

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エクマ【ECMA】[European Computer Manufacturers Association]

European Computer Manufacturers Association》欧州電子計算機工業会。情報通信技術に関する規格統一、標準化を行う機関。またその規格。1961年設立、1994年にエクマインターナショナルと改称。本部はスイスのジュネーブ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

エクマ【ECMA】

欧州電子計算機工業会。1961年に電子計算機の標準化を目的として設立。主に情報通信技術の規格の策定などを行っていたが、1994年にEcma Internationalに改称した。◇「European Computer Manufacturers Association」の頭文字から。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

ECMAの関連キーワードAction Scriptヨーロッパ電子計算機工業会Ecmaインタナショナルダッソー・ラファールJavaScriptECMAScriptSPECint92ミラージュ2000ミラージュ戦闘機超音速旅客機OSTA越年蜻蛉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android