コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EGFR イージーエフアールEGFR

デジタル大辞泉の解説

イー‐ジー‐エフ‐アール【EGFR】[epidermal growth factor receptor]

epidermal growth factor receptorepithelial growth factor receptor》⇒上皮成長因子受容体

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

EGFR
いーじーえふあーる

上皮成長因子受容体epidermal growth factor receptorの略称。正常組織においては多くの上皮細胞の細胞膜上にある受容体で、細胞の増殖や成長に関与する上皮成長因子(EGF)を認識する。そしてこれと結合して活性化し、細胞増殖を促進するように働くチロシンキナーゼ活性をもつ。細胞の増殖や分化だけでなく、臓器の発達や形成、維持に重要な働きをする。上皮増殖因子受容体、表皮成長因子受容体などともよばれる。
 EGFRに遺伝子変異が起きると、悪性腫瘍(しゅよう)発症の原因となる。大腸癌(がん)、腎癌、非小細胞肺癌、前立腺(せん)癌などさまざまな悪性腫瘍で過剰な発現がみられ、癌細胞の増殖や浸潤、また遠隔転移に大きくかかわっていることがわかってきた。したがって、このEGFRチロシンキナーゼ活性を阻害することにより、癌細胞の増殖が抑えられるため、癌の治療薬としてEGFRチロシンキナーゼ阻害薬の開発が盛んである。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

EGFRの関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ハラー(Albrecht von Haller)ラング(Fritz Lang)ベルリン・ドイツ・オペラニーベルンゲンの指輪ニーベルングの指環ジークフリート牧歌KRAS遺伝子検査ジークフリートセツキシマブ上皮成長因子ゲフィチニブゼンメリンク分子標的薬ドイツ映画ケイラスジロドゥ肺癌役割

EGFRの関連情報