ER(読み)イーアール

翻訳|er

デジタル大辞泉の解説

イー‐アール【ER】[emergency room]

emergency room救急患者を受け入れて治療する設備のある施設・部屋。救急治療室。救急救命室緊急救命室救命救急室

イー‐アール【ER】[earned run]

earned run》野球で、投手の自責点

イー‐アール【ER】[electronic reconnaissance]

electronic reconnaissance》電子機器を用いた偵察。電子偵察。

イー‐アール【ER】[endoplasmic reticulum]

endoplasmic reticulum》小胞体。細胞内にある膜に囲まれた細胞内小器官。膜にリボゾームが付着した粗面小胞体と、付着しない滑面小胞体がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ER

「EmergencyRoom(救急室)」の略語。北米型の救急診療で、軽症から重症まであらゆる救急患者を受け入れる。ER医が初期診療にあたり、必要があれば専門医につなぐ。久喜の「たらい回し」問題を議論した県医療対策協議会救急医療部会は5月、中長期的な取り組みとして「ER的機能の整備検討」を県に提言した。

(2013-10-30 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ER

日本のポピュラー音楽。歌はエイトレンジャー(男性アイドルグループ、関ジャニ∞(かんジャニエイト)の別名義)。2012年発売。作詞・作曲:UNIST。同年公開された関ジャニ∞の主演映画「エイトレンジャー」の主題歌。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ERの関連情報