コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FDMA エフディーエムエーFDMA

デジタル大辞泉の解説

エフ‐ディー‐エム‐エー【FDMA】[Fire and Disaster Management Agency]

Fire and Disaster Management Agency》⇒消防庁

エフ‐ディー‐エム‐エー【FDMA】[frequency division multiple access]

frequency division multiple access》周波数分割多元接続。無線通信などの利用効率を高めるための技術の一つ。同一周波数帯を複数の帯域に分割し、利用者ごとに異なる搬送波を使用して同時に通信を行う。日本では第一世代携帯電話(1G)や自動車電話の通信方式として採用された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

エフディーエムエー【FDMA】

携帯電話などの無線通信で使われる通信方式のひとつ。周波数を複数の帯域に分割し、それぞれの帯域で個別かつ同時に通信を行う。日本では第1世代携帯電話に使われていた。◇「frequency division multiple access(周波数分割多重接続)」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

FDMAの関連キーワード空間分割多元接続衛星通信携帯電話多元接続au

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

FDMAの関連情報