コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gスーツ ジースーツ G‐suit

1件 の用語解説(Gスーツの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジースーツ【Gスーツ G‐suit】

正しくはantiG‐suit,耐G服と呼ぶ。内側に気囊を付けたぴったりしたズボン状の衣服で,急激な運動をする戦闘機などの乗員が着用する。飛行機が急激な引起しや旋回をすると,遠心力による加速度が乗員の頭から足の方向にかかり,戦闘機では7G以上になることがある(Gまたはgは重力加速度9.8m/s2を単位とした加速度の単位。加速度自身をGと略称することもある)。人間は個人差があるものの,頭から足の方向へ6Gくらいかかると,脳に十分血液が行かなくなり,一時的に目が見えなくなるブラックアウトなどの症状を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

Gスーツの関連キーワードg北陸新幹線北海道新幹線兼国末次Gパン食品GメンI‐20ABオンキャンパス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Gスーツの関連情報