Gスーツ(読み)ジースーツ(英語表記)G‐suit

世界大百科事典 第2版の解説

ジースーツ【Gスーツ G‐suit】

正しくはanti‐G‐suit,耐G服と呼ぶ。内側に気囊を付けたぴったりしたズボン状の衣服で,急激な運動をする戦闘機などの乗員が着用する。飛行機が急激な引起しや旋回をすると,遠心力による加速度が乗員の頭から足の方向にかかり,戦闘機では7G以上になることがある(Gまたはgは重力加速度9.8m/s2を単位とした加速度の単位。加速度自身をGと略称することもある)。人間は個人差があるものの,頭から足の方向へ6Gくらいかかると,脳に十分血液が行かなくなり,一時的に目が見えなくなるブラックアウトなどの症状を示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android