コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gスーツ ジースーツG‐suit

世界大百科事典 第2版の解説

ジースーツ【Gスーツ G‐suit】

正しくはantiG‐suit,耐G服と呼ぶ。内側に気囊を付けたぴったりしたズボン状の衣服で,急激な運動をする戦闘機などの乗員が着用する。飛行機が急激な引起しや旋回をすると,遠心力による加速度が乗員の頭から足の方向にかかり,戦闘機では7G以上になることがある(Gまたはgは重力加速度9.8m/s2を単位とした加速度の単位。加速度自身をGと略称することもある)。人間は個人差があるものの,頭から足の方向へ6Gくらいかかると,脳に十分血液が行かなくなり,一時的に目が見えなくなるブラックアウトなどの症状を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Gスーツの関連キーワードドーピング(スポーツ)スーツ背広ARMミサイル迎撃ミサイルトランキライザー対レーダ・ミサイルアンチモン減揺装置元素発見史(年表)

Gスーツの関連情報