G.ルドルフ ゼルナー(英語表記)Gustav Rudolf Sellner

20世紀西洋人名事典「G.ルドルフ ゼルナー」の解説

G.ルドルフ ゼルナー
Gustav Rudolf Sellner


1905.5.25 - 1990.5.8
ドイツの演出家。
西ドイツ出身。
演劇界に俳優として入るが次第に演出に興味を示し表現主義の影響を受ける。1930年代はブレヒトと共にギリシャ悲劇の研究に没頭、’51年ダルムシュタット州立劇場の総監督に就任後、象徴主義演劇を発表し「ダルムシュタット様式」を確立。またオペラモーゼアロン」でベルリンにデビュー、センセーションを起こし、’61年にはベルリン・ドイツ・オペラの総監督となる。現代芸術としてのオペラの創造に一つのエポックを形づくる演出である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android