IMF特別引出権(読み)アイエムエフとくべつひきだしけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IMF特別引出権
アイエムエフとくべつひきだしけん

SDR」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

IMF特別引出権【アイエムエフとくべつひきだしけん】

従来のIMF資金とは別勘定に1967年設けられた特別引出権(special drawing rights,略称SDR)で,計画的に創出され,IMF出資割当額に応じて各国に配分されて対外準備に加えられる。国際収支赤字国はSDRと交換に外貨をIMFから獲得できる。金価値保証はあるが,金と兌換(だかん)されない。新準備資産または第三の国際通貨と呼ばれる。SDRの価値は,1981年からアメリカ,イギリス,フランス,ドイツ,日本の5大国の加重平均によって算出されている。1U.S.ドル≒0.72SDR(1999年9月)。→国際流動性

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android