コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IRAS アイラスIRAS

デジタル大辞泉の解説

アイラス【IRAS】[infrared astronomical satellite]

infrared astronomical satellite》赤外線天文衛星。1984年、米国・英国・オランダが共同で打ち上げた天文観測衛星。ベガの輪や六つの彗星の発見などを含む35万件のデータを収集した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のIRASの言及

【赤外線天文学】より

…観測は飛行機,気球などによる大気上層部で行われるようになって遠赤外域へと発展し,極低温度(100~20K)の天体の研究が可能になった。1983年には初の赤外線観測衛星IRASによる観測が行われ,赤外銀河,太陽系外惑星系,新しい惑星間塵雲の発見など,数多くの成果を上げ赤外線天文学を飛躍的に発展させた。【奥田 治之】。…

【赤外線望遠鏡】より

…さらに大気の影響から完全に解放されるためにはロケットか人工衛星が必要になる。こうなると望遠鏡自身からの熱放射も問題になり,1983年に打ち上げられた赤外線観測衛星IRASでは,みずからも液体ヘリウムで極低温に冷却された。これによって望遠鏡の観測能力は飛躍的に向上し数多くの新発見がもたらされた。…

※「IRAS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

IRASの関連キーワードアイラス=荒貴=オールコックすい(彗)星アイラス=荒貴=オールコック彗星アッパヤ・ディークシタ白瀬南極探検隊記念館平戸市切支丹資料館アルヘシラス会議アタルバ・ベーダオキナエビスガイ三良坂平和美術館ギンエビスガイ大山将棋記念館ヒラタカゲロウ黒条灰色枝尺蠖大網白里(市)スペース望遠鏡ティラシア島双子座流星群赤外線天文学赤外線望遠鏡カタマイマイ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android