コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JA JA/じぇーえーJapan Agricultural Co‐operatives

7件 の用語解説(JAの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

JA

農民が協同して、その営農及び生活上の必要を総合的に満たすために設立する組合。日本ではヨーロッパと同様に出資に基づくメンバーシップ制を取っている。多くのJAは経済事業(販売、購買、信用、共済、営農指導、施設利用)などの広範な事業部門を持つ総合農協。金融の自由化による競争激化をきっかけに、単位農協の合併や県段階の連合会をなくす改革などに取り組んでいる。2004年6月には、生保並みの事業健全性を求める共済事業の整備を特徴とする改正農協法が成立。政府の規制改革・民間開放推進会議の第2次答申(05年12月)でも経済事業改革の推進が盛り込まれたが、部門間の赤字補填(ほてん)の禁止、事業分割は見送られた。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジェー‐エー【JA】[Japan Agricultural Cooperatives]

Japan Agricultural CooperativesJA全中JA全農などを中心として組織される農業協同組合の愛称。→総合農協

ジェー‐エー【JA】[Japan]

Japan》日本の国籍を示す航空機国籍記号

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

JA【ジェーエー】

農業協同組合(農協)が1991年に使用を決めた呼称。Japan Agricultural Cooperativesの略。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

JA
ジェーエー

農業協同組合」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のJAの言及

【農業協同組合】より

…農業生産力の増進と農民の経済的・社会的地位の向上を図ることを目的とした農業者による協同組織体。日本では今日,農業協同組合法(1947)に基づき各地に農業協同組合が設立されており,農協またはJA(Japan Agricultural Cooperativesの略)と略称することが多い。 一般に農業は,他の産業と比べて人為的につくり出せない有限の土地を使わねばならぬ宿命にあるなど自然的,社会的にいろいろな制約があるため,大規模な企業的生産となることが困難である。…

※「JA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

JAの関連情報