L. シュワルツ(英語表記)Laurent Schwartz

20世紀西洋人名事典の解説

L. シュワルツ
Laurent Schwartz


1915.3.5 -
フランスの数学者。
パリ大学教授,エコール・ポリテクニク教授,パリ科学アカデミー会員。
パリ生まれ。
リセ・ジャンソン・ド・セリ、パリ大学に学び、1959年にパリ大学教授、’63年からはパリ理工科大学教授となる。トポロジー関数解析数理物理学などを研究し、1945年に関数概念を拡張して超関数の理論を創始した。著作に「超関数」(’50〜51年)などがあり、’50年にフィールズ賞を受賞した。蝶の収集家としても知られ、また、政治活動も活発に行っている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android