L. ビゴツキー(英語表記)Lev Semyonovich Vygotskii

20世紀西洋人名事典の解説

L. ビゴツキー
Lev Semyonovich Vygotskii


1896 - 1934
ソ連の心理学者,児童学者。
モスクワ大学やシヤニャフスキー大学で法学や哲学、文学など百科辞典的知識を習得し、1925年博士号を取得する。マルクス主義の立場から発達心理や児童心理、言語心理学の分野で独自の理論を展開し、人間の高次精神機能の発達についての文化・歴史的理論を創設、ソビエト心理学の基礎を作る。著書に「高次精神機能の発達史」(’31年)、「思考と言語」(’34年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android