M. デュフレンヌ(英語表記)Mikel Dufrenne

20世紀西洋人名事典「M. デュフレンヌ」の解説

M. デュフレンヌ
Mikel Dufrenne


1910 -
フランスの美学者,哲学者。
元・ボアチエ大学教授。
1932年に哲学教授資格を取得し、第二次大戦中にリクールと知り合って、ヤスパースの哲学を協同研究を行った。’53年博士号を取得、パリ第十大学の創設に参加し、退職まで教鞭をとる。フランス美学会の中心的存在で、思想的には「自然の創造力、自然の自己表現をいきいきした形で示すものこそ、芸術」という考えを持つ。又、長年に渡って「美学雑誌」編集に携わる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android