コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NIST にすと/えぬあいえすてぃー

デジタル大辞泉の解説

ニスト【NIST】[National Institute of Standards and Technology]

National Institute of Standards and Technology》米国の国立標準技術研究所。米商務省所管の科学技術に関する総合研究機関。1901年工業規格の標準化をつかさどるNBS(規格基準局)として設立されたが、1988年現在の組織に改組。近年は基礎研究および先端技術研究に重点を移し、米国産業の革新と競争力の強化を図ることを目的としている。所在地はメリーランド州ゲイザーズバーグ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

エヌアイエスティー【NIST】

国立標準技術研究所。アメリカ商務省の所管。1901年に国立標準局として設立、1988年に改組して現名称になった。工業製品に関する標準化と科学技術分野の基礎研究などを行っている。政府の標準暗号を策定する機関としても知られる。◇「National Institute of Standards and Technology」から。「ニスト」ともいう。

ニスト【NIST】

エヌアイエスティー。⇒エヌアイエスティー

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

NIST

1969(昭和44)年の科学技術会議の答申「科学技術情報の流通に関する基本的方策について」の中で示された科学技術情報の全国的流通システム.国内の関連機関などが一つのシステムとして働くように,中央調整機能,一次情報の加工を行うオペレーティングセンター,地域サービスセンター,専門センター,データセンター,ターミナル,中央デポジトリー,研修機能,研究開発機能を整備するという構想であった.その後,科学技術庁を中心として具体化が図られ,オペレーティングセンターは総合センターと呼ばれるようになり,新たに追加されたクリアリング機構とともにJICST(現 科学技術振興機構)がそれらの機能を担当することになった.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

NISTの関連キーワード科学技術情報流通技術基準アドミニストレーターエリック コーネル赤葡萄酒のかけらRijndaelOpenSSL2010年問題シェヒトマンワインランドAES256背黒波尺蠖胡麻斑切蛾白腹眉白鳩航海訓練所蜜柑葉潜蛾地中海学会共通鍵暗号CBEFFCAACMOFA

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

NISTの関連情報