NKVD(読み)エヌカーベーデー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NKVD
えぬかーべーでー

内務人民委員部НКВД/NKVD(ロシア語)。Народный Комиссариат Внутренних Дел/Narodny Komissariat Vnutrennikh Delの略称。1917年11月から1922年12月までロシア共和国で、1934年7月から1960年1月までソ連邦において設けられた。なお、1946年以降は内務省に改編。革命後のロシアおよびソ連では、秘密警察、対外諜報(ちょうほう)の仕事はチェカー、1922年からGPU(ゲーペーウー)、1923年からはOGPU(オーゲーペーウー)(合同国家保安本部)が行っていたが、1934年それがNKVDに統合された。その長は1934年7月ヤゴダ、1936年9月エジョフ、1938年12月ベリヤであったが、この時期に、党・政府の指導者を裁判にかけ、大粛清を行った。この期の活動の解明はスターリン批判にとって重要であるが、まだ緒についたばかりである。その後KGB(カーゲーベー)(国家保安委員会)が仕事を引き継いだ。[木村英亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のNKVDの言及

【GPU】より

…20年代末には共産党内反対派や専門家・知識人,さらに農業の集団化時には農民への抑圧機能を有した。34年に内務人民委員部NKVD(エヌカーベーデー)に改組された。KGB(カーゲーベー)【下斗米 伸夫】。…

※「NKVD」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android