NMD(読み)エヌエムディー

翻訳|NMD

百科事典マイペディアの解説

NMD【エヌエムディー】

米国本土を長距離弾道ミサイルから防衛しようとする構想で,National Missile Defense(国家ミサイル防衛,米本土ミサイル防衛)の略称。地上設置体,レーダー,宇宙配備センサー(軍事衛星)からなる。北朝鮮,イラン,イラクなどのミサイル開発の脅威に対処するため1998年からNMD推進が唱えられたが,2000年までに3回の実験で2回失敗。クリントン政権は配備決定を次期政権に委ねた。配備のためにはロシアとのABMミサイル迎撃ミサイル)条約を改正する必要があるが,ロシアは強硬に反対している。ブッシュ政権は2001年5月,NMDとTMD戦域ミサイル防衛)の区別をなくし,全体を〈ミサイル防衛〉(MD)と呼び,2001年12月にはABM条約からの脱退をロシアに通告(条約は2002年6月に失効),ミサイル防衛戦略をすすめている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

NMD

〖National Missile Defense〗
アメリカの国家ミサイル防衛構想。アメリカ本土を弾道ミサイル攻撃から防衛するシステム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報