コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NML天体 NML body

1件 の用語解説(NML天体の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

NML天体【NML body】

ノイゲバウアー,マルツ,レイトン(Neugebauer,Martz,Leighton)の発見した近赤外線を強く放出する天体は,例外なく可視部の光度が著しく小さい.発見者の頭文字をとってNML天体と呼ばれている.白鳥座と牡牛座に見いだされ,それぞれNML-Cyg,NML-Tau と名づけられている.可視光線ではパロマー天文台の200インチ望遠鏡でようやく観測できるほどの暗い天体であるが,波長2.0 ~ 2.5μmの硫化鉛検出器をつけた赤外線望遠鏡では,全天随一の明るい星である.その後十数個発見されて,NML天体と総称されるようになった.比較的温度の高い (約3000K)の星の周囲に厚い宇宙塵の雲があり,これが星からの熱で加温されて700~1500Kの熱輻射を出すものと考えられている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NML天体の関連キーワードバウアー内ゲバイナバウアーゲバゲバ棒メルツバウバウアライテイゼーションノイゲバウアー効果ノイゲバウアー‐マルツ‐レイトンの規則エディー・バウアー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone