コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NML天体 NML body

1件 の用語解説(NML天体の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

NML天体【NML body】

ノイゲバウアー,マルツ,レイトン(Neugebauer,Martz,Leighton)の発見した近赤外線を強く放出する天体は,例外なく可視部の光度が著しく小さい.発見者の頭文字をとってNML天体と呼ばれている.白鳥座と牡牛座に見いだされ,それぞれNML-Cyg,NML-Tau と名づけられている.可視光線ではパロマー天文台の200インチ望遠鏡でようやく観測できるほどの暗い天体であるが,波長2.0 ~ 2.5μmの硫化鉛検出器をつけた赤外線望遠鏡では,全天随一の明るい星である.その後十数個発見されて,NML天体と総称されるようになった.比較的温度の高い (約3000K)の星の周囲に厚い宇宙塵の雲があり,これが星からの熱で加温されて700~1500Kの熱輻射を出すものと考えられている.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone