コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Next11 ねくすといれぶん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

Next11

Bricsに続く投資先として、経済成長が期待される国々を指す造語。インドネシア、韓国、フィリピン、ベトナム、バングラデッシュ、エジプト、イラン、メキシコ、ナイジェリアパキスタン、トルコの11カ国からなり、アメリカのゴールドマン・サックス社が命名した。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ネクスト‐イレブン(Next Eleven)

BRICS諸国に次いで経済成長が期待される国として、米国の大手投資銀行が2005年に提唱した新興国グループ。イランインドネシアエジプト韓国トルコナイジェリアパキスタンバングラデシュフィリピンベトナムメキシコの11か国。N-11。→ビスタ(VISTA)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NEXT11
ねくすといれぶん

BRICs (ブラジル、ロシア、インド、中国)の次に成長が期待される新興11か国の呼称。11か国は、イラン、インドネシア、エジプト、韓国、トルコ、ナイジェリア、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、メキシコ。2005年12月、アメリカの証券会社ゴールドマン・サックスの経済調査部が名づけたもので、50年後の世界経済において、BRICs各国に次いで人口や潜在的な経済規模の大きさの点で成長の可能性を秘めた国々とされる。このうち韓国はすでに準先進国とみられているが、イラン、エジプト、ナイジェリア、パキスタンなどの諸国は内政が不安定であり、継続的な経済発展がむずかしい状況にある。
 また、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和の縮小に伴って下落が進みやすい新興国通貨をさす呼称として、フラジャイル・ファイブ Fragile Five(脆弱(ぜいじゃく)な5通貨)がある。アメリカの総合金融サービス会社モルガン・スタンレーが名づけたもので、インド・ルピー、インドネシア・ルピア、トルコ・リラ、ブラジル・レアル、南アフリカ・ランドをさす。NEXT11の通貨も含まれており、その経済成長への懸念が示されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

Next11の関連キーワードVISTAMENAビスタ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Next11の関連情報