コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PNG ピー エヌ ジー、ピング

6件 の用語解説(PNGの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PNG

主にWebページで扱うことを前提に開発された画像ファイル形式。16ビットまでのグレースケール、48ビットまでのRGBカラー、8ビットまでのインデックスカラーの表示がそれぞれ可能で、アルファチャンネルサポートしている(透過処理が可能)。GIF形式に比べてファイルの圧縮率が高い割に、画質が劣化しないのが特徴。このファイルには「.png」という拡張子が付く。なお、Webで使用する場合は、Internet Explorerバージョン6まではPNGの透過処理に対応していないため、注意が必要である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピー‐エヌ‐ジー【PNG】[portable network graphics]

portable network graphics》画像データを保存するファイル形式の一。ピング

ピング【PNG】[portable network graphics]

portable network graphics》⇒ピーエヌジー(PNG)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集の解説

PNG

Portable Network Graphicsの略。画像形式の一つ。JPEGGIFに代わってWeb上で広く使われることを目指して開発された。

出典|(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ピング〔画像ファイル形式〕【PNG】

ピーエヌジー。⇒ピーエヌジー

ピーエヌジー【PNG】

コンピューターで扱う画像データのファイル形式のひとつ。ウェブ上での利用を目的として開発された。データの圧縮・伸張の際にロスが生じない可逆圧縮を採用するため、写真のような画像の場合、JPEGに比べデータサイズが大きい。一般的にGIFよりは圧縮率が高く、半透明の表現が可能。色の境界がはっきりしたイラストなどの画像の圧縮に向く。◇「portable network graphics」の頭文字から。「ピング」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PNGの関連キーワードWebサイトWebページ改ページD-SUB再開発スカイラインネットワークコンピューターダイエット製品静的ページToupee

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

PNGの関連情報