QC(読み)キューシー

知恵蔵の解説

QC

製造業において、製品の品質を一定水準に保つこと。デミング・サイクルと呼ばれる、設計→製造→検査・販売→調査・サービス、という過程のなかで、各過程を担当する部門によって行われる。なお、TQC(total quality control=総合的品質管理)はQCの実施を生産に関わる特定の部門に限定せず、全社的にしたもの。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

流通用語辞典の解説

QC【quality control】

品質管理のこと。科学的に製品の品質を管理する方法で、管理図法、層化法、対照法、相関法などを使う。QC活動を現場段階で行なう従業員小集団QCサークルというが、これはわが国独特のもので、メーカーのみならず第三次産業にも急速に普及した。製造現場からスタートしたQC活動は、今日では、営業・企画・開発・総務経理などの非製造部門をも含めた全社的なQC運動として定着し、これをTQC運動と呼んでいる。販売面では、目標を設定し、その実践方式を編み出し、プラン・ドゥ・チェック方式を実践する「方針管理」と、日常の営業活動でムリ・ムダ・ムラを排除する改善運動としてのサークル活動がある。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

QC

品質管理。製品の品質の維持、不良品の発生防止のための体系化された手法を指す。製品に対する規格が明確にされ、製造工程や製品に対するテストや検査を行い、統計的な管理と改善活動を組みあわせて品質の向上を図る活動を指す。また品質管理は小集団活動による展開が盛んだった時代もあり、その小集団をQCサークルと呼ばれた。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

世界大百科事典内のQCの言及

【品質管理】より

…QCと略することも多い。顧客の要求を満足させる品質をもった製品を作り出し,顧客に提供する機能をいう。…

※「QC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

QCの関連情報