RMS(読み)あーるえむえす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RMS

マイクロソフトが、企業の機密情報がWebサイトや競合他社に漏れるのを防ぐ目的で開発したセキュリティ技術のこと。Windows Server 2003に搭載されている。Office 2003のIRM機能を利用して作成されたファイルを、ユーザーが開こうとすると、RMSに登録されたリストをチェックし、適合者のみにアクセス権を発行する。また、RMSに登録するリストには、ユーザーごとにランクを設定でき、ファイルの操作を個別に制限できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アール‐エム‐エス【RMS】[remote manipulator system]

remote manipulator system》遠隔操作システム。スペースシャトルオービターに装備する遠隔操作用ロボット腕。

アール‐エム‐エス【RMS】[root mean square]

root mean square》二乗平均平方根。個々の数値を二乗したうえで平均値を出し、平方根に開いたもの。数値のばらつきを表す。→RMS粒状度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

RMS

〖recovery management support〗
コンピューターの、回復管理機能。

RMS

〖revised management scheme〗
改定管理制度。鯨資源の維持を図りながら捕獲可能な頭数を算定する。捕鯨再開のために 1994 年提唱された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android