RSI(読み)アールエスアイ

翻訳|RSI

デジタル大辞泉の解説

アール‐エス‐アイ【RSI】[relative strength index]

relative strength index株式為替相場テクニカル分析するためのチャートの一。一定期間で、値上がり、値下がりの傾向がどれぐらい強かったかを曲線にしたもの。曲線が上方に達すれば過熱気味だとして下降のサイン、逆の場合は売られすぎで上昇のサインとする。相対力指数。
[補説]一般に、70パーセントより高いと買われすぎ、30パーセントより低いと売られすぎと見る。

アール‐エス‐アイ【RSI】[rationalization, standardization, interoperability]

rationalization, standardization, interoperability合理化と標準化を推進すれば相互運用性に至るという概念。アメリカが盟友国との軍事協力には不可欠としているもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ワイジェイFX用語集の解説

RSI

過去数日間における価格の変動幅(上げ幅・下げ幅)から相場のリズムや法則性を読み取る指標の事です。0%から100%の間で推移し、一般に70%以上は買われ過ぎ、30%以下は売られ過ぎと判断されています。

出典 ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android