コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RSI アールエスアイ RSI

翻訳|RSI

4件 の用語解説(RSIの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アール‐エス‐アイ【RSI】[relative strength index]

relative strength index株式為替の相場をテクニカル分析するためのチャートの一。一定期間で、値上がり、値下がりの傾向がどれぐらい強かったかを曲線にしたもの。曲線が上方に達すれば過熱気味だとして下降のサイン、逆の場合は売られすぎで上昇のサインとする。相対力指数。
[補説]一般に、70パーセントより高いと買われすぎ、30パーセントより低いと売られすぎと見る。

アール‐エス‐アイ【RSI】[rationalization, standardization, interoperability]

rationalization, standardization, interoperability》合理化と標準化を推進すれば相互運用性に至るという概念。アメリカが盟友国との軍事協力には不可欠としているもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイジェイFX用語集の解説

RSI

過去数日間における価格の変動幅(上げ幅・下げ幅)から相場のリズムや法則性を読み取る指標の事です。0%から100%の間で推移し、一般に70%以上は買われ過ぎ、30%以下は売られ過ぎと判断されています。

出典|ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

大辞林 第三版の解説

RSI

〖repetitive strain(stress) injury〗

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RSIの関連キーワードストレングスhigh early strength cementhigh strength low alloyed steelrelative orientationrelative index of refractionrelative deprivationrelative consistencyrelative biological effectivenessrelative apertureultra high early strength cement

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

RSIの関連情報