TokenRing(読み)とーくんりんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

TokenRing

LANの規格のひとつ。Token(トークン)と呼ばれる、送信の権利を表わす信号がLAN上を循環していている。データを送信しようとするクライアントはトークンを確保し、送信が終了するとトークンを返して次のクライアントに送る。トークンを受け取るまでの待ち時間がかかるという欠点と、何台ものマシンが同時に通信をしても混雑が引き起こされないというメリットをあわせもつ。米IBM社が自社のLANシステムとしてTokenRingを採用しているため業界標準のひとつになっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android