コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

UML ゆーえむえる

2件 の用語解説(UMLの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

UML

オブジェクト指向のソフトウェア開発におけるモデリング言語。従来、オブジェクト指向設計のモデリング言語は、50以上の規格が乱立していたが、1997年、米オブジェクト技術標準化団体OMGによって、UMLが標準と認定された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

UML

〖Unified Modeling Language〗 〔統一モデリング言語の意〕
オブジェクト指向のソフトウエア開発において、その設計法を統一し、策定した共通言語。ソフトウエア-システム、ビジネス-モデルなどのシステムを仕様化、可視化、構築するためのもので、大規模で複雑なシステムをモデル化する際に利用される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のUMLの言及

【ソフトウェア工学】より

…構造的な手法を改善する方向のシュレイアーS.Shlaer/メラーS.J.Mellorの方法/支援系(Teamwork)から,ランボーJ.Rambaughの方法/支援系(OMT)を経て,オブジェクト指向独自の視点からソフトウェア開発を行うようになった。 1997年にはランボーとブーチG.BoochとヤコブソンI.Jacobsonによる統一記法UML(Unified Modeling Language)に収束し,オブジェクト指向ソフトウェア開発も実用になりつつある。 ソフトウェア工学の理論面としては,L.オスタワイルが提唱したプロセスプログラミング(ソフトウェア開発過程をプログラミングの視点で再考する)や,論理学と代数学に基づく厳密な仕様記述をめざす形式的仕様理論などがある。…

※「UML」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

UMLの関連キーワードLSB超幾何分布ウブントゥLinuxディストリビューションLinuxディストリビューター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

UMLの関連情報