コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

UPS ユー ピー エス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

UPS

無停電電源装置のこと。主にサーバーマシンを安定稼働させる目的で利用される。内部にバッテリーを持ち、停電や断線といった突然の電源トラブルに対応するための機器。商用の100Vの電源が切れると、バッテリーに蓄電した電力を使って接続したサーバーの動作を継続できる。その切り替えはミリ秒の単位で行われるので、接続されたサーバーは電源遮断の影響を受けずに継続して動作可能。また、バッテリー容量によって電力供給の時間に限界があるため、一定時間が経過すると、サーバーを自動的にシャットダウンするといった機能も搭載している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

UPS

停電時にパソコンなどに電力を供給するために利用する機器で、日本語では「無停電電源装置」といいます。数分だけ使えるバッテリーを内蔵した電源タップだと思えばよいでしょう。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

ユー‐ピー‐エス【UPS】[uninterruptible power supply]

uninterruptible power supply》停電や瞬時電圧低下によって電源が突然断たれた際、コンピューターなどの機器や工場の設備に電力を供給し続けるための予備電源装置。無停電電源装置。無停電電源システム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ユーピーエス【UPS】

無停電電源装置。突然の停電の際に、電池や発電機などにより自動的に電源を供給する装置。コンピューターシステムの保護などに用いられる。◇「uninterruptible power supply」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

UPS

〖uninterruptible power supply〗
無停電電源装置。停電などによる電力供給停止時に、短時間電力を供給する予備装置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

UPS
ゆーぴーえす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のUPSの言及

【セネガル】より

…セネガルはフランス領西アフリカの政治的中心であり,主要都市の住民は政治的権利を与えられていたため,近代的政治の基礎が発展した。50年代に諸政治勢力が台頭したが,サンゴールは保守派,イスラム教徒,社会主義者などを統合したり,あるいはその支持を取り付けてセネガル進歩同盟(UPS)を創立し,独立後はUPSが権力を握った。62年クーデタを企てたとして社会主義者のM.ディア首相を投獄し,63年には大統領権限を強化した改訂憲法を成立させて反対派の一部を非合法化,他をUPSに統合し,66年以降UPSの一党制支配に移行した。…

※「UPS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

UPSの関連キーワードWindows for Workgroupsユニバーサル横メルカトル図法Startup ScreenコンピューターセキュリティーコンピューターセキュリティGIFConverterスタートアップスクリーンユニバーサル極心平射図法フォールトトレランスヤマト運輸(株)インテグレーターup style常時商用給電方式C. シュバレーデータセンター優婆夷・優婆塞アン リバモアシステムダウンフロート充電ウプサラ氷河

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

UPSの関連情報