コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無停電電源装置 ムテイデンデンゲンソウチ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

無停電電源装置

UPS」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

むていでんでんげんそうち【無停電電源装置】

UPS

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無停電電源装置
むていでんでんげんそうち
uninterruptible power supply

普段は蓄電池(バッテリー)に電力を蓄えておき、外部電源が断たれた場合などに電気を供給するための予備の電源装置。略称のUPSでよぶことが多い。停電対応のみならず、さまざまな電源障害への対応や接続機器の保護などの機能をもつ。
 当初、金融機関のオンラインシステムやデータセンターなど、停止することで社会に大きな影響を与えるコンピュータやネットワークシステムに利用されていたものが、機器の低コスト化などにより一般企業のサーバーやパソコン、ネットワーク機器、一部の個人のパソコンなどにも普及するようになった。
 バッテリーと電気回路で構成されており、コンピュータなどの機器と、コンセントなど外部電源との間に設置される。外部電源から供給されている間はバッテリーに蓄電するとともに、電圧など電源の状態をモニタリングする。災害による停電や瞬断(瞬間的に電力供給が途絶えること)が発生した場合には、外部電源と同じ条件の電力をバッテリーから供給するよう瞬時に切り替えて、機器やデータに悪影響が及ばないようにする。また、電圧が低下するなどの電源供給側のトラブルが生じた場合にも、UPSが自動的に対応して、機器側に安定した電力を供給する。その他、コンピュータやネットワークと接続しておくことで、停電時に自動的にコンピュータの電源を安全に落とすことや、電話やLAN(ラン)を使ってリモートコントロールできる製品もある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

無停電電源装置の関連キーワードコンピューターセキュリティーコンピューターセキュリティ常時インバーター方式フォールトトレランスシステムダウンデータセンターフロート充電コンピュータ常時商用方式瞬時電圧低下インバータ鉛蓄電池電圧低下山洋電気CVCF

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android