Uber(読み)うーばー

知恵蔵の解説

Uber

スマートフォン経由で、ハイヤーのような運転手付の高級車を呼ぶことができるシステム。同システムを運営する会社や、利用する車及び利用するためのスマートフォンアプリの名称を指すこともある。「Uber」は、2010年に米国サンフランシスコでスタートし、14年9月現在、英国、フランス、オーストラリア、シンガポール、中国、日本など45カ国、100以上の都市で利用できる。14年3月3日にはUber社が日本市場へ参入したため、14年9月現在、東京都心での利用が可能となっている。
Uber利用者は、スマートフォンに専用アプリをダウンロード、インストールし、初回に、名前、メールアドレス、クレジットカード番号などの情報を登録する必要がある。専用アプリを起動すると、画面上に地図が表示され、利用者は、地図上の乗車したい場所をタップしてピンを指す。すると、GPS機能によって、配車場所に一番近いUberの車の到着時間が表示される。利用者は、配車用の依頼ボタンをタップすることで実際に車を呼ぶことができる。画面には、配車場所に向かう車の種類やナンバー、運転手の情報が表示され、車のアイコンが、地図上でリアルタイムに移動する。目的地に到着すれば、事前に登録したクレジットカードでの決済が可能なため、降車もスムーズだ。また、降車後には、領収書をメールで受け取ることができる他、運転手の評価も行える。Uber東京の場合、基本料金が103円、1分当たり67円、1キロメートル当たり308円で、最低乗車料金は823円。
Uberの公式ページによれば、東京駅~渋谷駅で3600円程度となっており、同区間のタクシー料金は2700円~3300円程度(深夜料金を含む)であるため、タクシーよりは割高だが、高級車でスムーズに送迎してもらえるといった点が売りのようだ。

(横田一輝 ICTディレクター/2014年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Uberの関連情報