コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

V粒子 ブイリュウシ

百科事典マイペディアの解説

V粒子【ブイりゅうし】

1947年G.D.ロチェスターとC.C.バトラーが宇宙線中に発見した中性の素粒子。正負の電荷をもつ2粒子に崩壊するため,磁場をかけたウィルソン霧箱の中でV字形の飛跡を残す。質量約2200(電子の質量を1とする)のV1粒子は現在のラムダ粒子,質量約800のV2粒子は現在のK中間子と判明。→素粒子
→関連項目K中間子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android