コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

V粒子 ブイリュウシ

百科事典マイペディアの解説

V粒子【ブイりゅうし】

1947年G.D.ロチェスターとC.C.バトラーが宇宙線中に発見した中性の素粒子。正負の電荷をもつ2粒子に崩壊するため,磁場をかけたウィルソン霧箱の中でV字形の飛跡を残す。
→関連項目K中間子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

V粒子の関連キーワード西島和彦

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android