コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

V-High帯 ぶいはいたい V-High band

2件 の用語解説(V-High帯の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

V-High帯

日本の地上アナログテレビ放送で使用されていたVHF帯のうち、4~12チャンネルに割り当てられていた周波数帯。2011年7月、地上デジタルテレビ放送への完全移行によって未使用帯域となり、V-High(VHF Highの略)帯と呼ばれるようになった。12年12月より、同帯域を使ったジャパンモバイルキャスティング携帯端末向け放送「モバキャス」上で、NTTドコモ子会社のmmbiが「NOTTV」を展開している。13年12月〜14年1月には、総務省がV-High帯を使った携帯端末向け放送業務の認定申請受け付けを実施。同4月、申請のあったスカパー・エンターテイメント、アニマックスブロードキャスト・ジャパン、AXNジャパン、フジテレビジョン日本映画衛星放送の5社が認定され、15年4月頃の放送開始が見込まれている。

(2014-4-14)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブイハイ‐たい【V-High帯】

VHF High band》日本の地上アナログテレビ放送で使われていたVHF帯(超短波)のうち、4~12チャンネルに相当する周波数帯(170MHz~222MHz)。平成23年(2011)7月に地上デジタルテレビ放送への移行に伴って空いた周波数帯であり、そのうち207.5MHz~222MHzはモバキャスに利用されている。→V-Low帯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

V-High帯の関連キーワードアナログ停波アナログTVアナログ放送地上アナログテレビ放送地上アナログ放送地上デジタル放送チューナーD1デジタルTVデジタルテレビ放送アナログ衛星放送

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone