コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

V-High帯 ぶいはいたいV-High band

知恵蔵miniの解説

V-High帯

日本の地上アナログテレビ放送で使用されていたVHF帯のうち、4~12チャンネルに割り当てられていた周波数帯。2011年7月、地上デジタルテレビ放送への完全移行によって未使用帯域となり、V-High(VHF Highの略)帯と呼ばれるようになった。12年12月より、同帯域を使ったジャパン・モバイルキャスティングの携帯端末向け放送「モバキャス」上で、NTTドコモ子会社のmmbiが「NOTTV」を展開している。13年12月〜14年1月には、総務省がV-High帯を使った携帯端末向け放送業務の認定申請受け付けを実施。同4月、申請のあったスカパー・エンターテイメント、アニマックスブロードキャスト・ジャパン、AXNジャパン、フジテレビジョン、日本映画衛星放送の5社が認定され、15年4月頃の放送開始が見込まれている。

(2014-4-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ブイハイ‐たい【V-High帯】

VHF High band》日本の地上アナログテレビ放送で使われていたVHF帯(超短波)のうち、4~12チャンネルに相当する周波数帯(170MHz~222MHz)。平成23年(2011)7月に地上デジタルテレビ放送への移行に伴って空いた周波数帯であり、そのうち207.5MHz~222MHzはモバキャスに利用されている。→V-Low帯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android