W. ハイトラー(英語表記)Walter Heitler

20世紀西洋人名事典の解説

W. ハイトラー
Walter Heitler


1904.1.2 - 1981.11.15
ドイツの理論物理学者。
元・タブリン大学教授,元・チューリヒ大学教授。
カールスルーエ生まれ。
カールスルーエ工科大学やベルリン大学で学び、さらに、ミュンヘン大学でゾンマーフェルトに師事する。1929年ゲッティンゲン大学私講師となるが、ナチスに追われ英国に渡る。’33年ブリストル大学研究員を経て、’45年ダブリン大学教授、’49年チューリヒ大学教授を歴任。’27年ロンドンと「ハイトラー・ロンドンの理論」を展開し、水素分子の化学結合を量子力学的に解明し、化学結合の量子理論の基礎を確立。又、荷電粒子の制動放射の量子論や中間子論など多くの業績を残す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android