コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイトラー Heitler, Walter Heinrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイトラー
Heitler, Walter Heinrich

[生]1904.1.2. カルルスルーエ
[没]1981.11.15. チューリヒ
ドイツの理論物理学者。カルルスルーエ,ベルリン,ミュンヘンの各大学で学び,A.ゾンマーフェルトに師事。ゲッティンゲン大学私講師をつとめた (1927~33) が,ナチスに追われてアイルランドに渡り,ダブリンの高等研究所教授となり,同研究所所長 (46~49) ,チューリヒ大学教授 (49) 。 1927年 F.ロンドンとともに水素分子の結合エネルギーを量子力学によって計算したが,これはハイトラー=ロンドンの理論として著名である。引続いて化学結合について多くの研究を行なった。ほかに荷電粒子の制動放射理論,宇宙線におけるカスケードシャワーの理論,中間子論などについての研究がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハイトラー

ドイツの物理学者。ユダヤ系。ミュンヘン大学でゾンマーフェルトに学ぶ。ナチスに追われて渡英,ダブリンの高等学術研究所教授を経て,1949年スイスのチューリヒ大学教授。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハイトラー【Walter Heitler】

1904‐81
ドイツ生れの理論物理学者。カールスルーエ工科大学,ベルリン大学で学んだ後,ミュンヘンのA.J.ゾンマーフェルトの指導を受け,さらにN.ボーア,M.ボルンの下で研究をした。1929年ゲッティンゲン大学の私講師となるが,その後ナチスの台頭によってドイツを追われ,ブリストル大学研究員,ダブリンの高等学術研究所教授を経て,49年以後チューリヒ大学教授を務める。量子力学の基礎が確立された後,1927年,F.ロンドンとともに水素分子の化学結合を量子力学的に解明した(ハイトラー=ロンドンの理論)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ハイトラー【Walter Heinrich Heitler】

1904~1981) ドイツ生まれの理論物理学者。1927年、 F =ロンドンとともに水素分子の結合力の説明に初めて量子力学を用い、分子構造論の理論的先駆をなす。ほかに中間子論・カスケード-シャワーの理論などの研究もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイトラー
はいとらー
Walter Heitler
(1904―1981)

ドイツの物理学者。カールスルーエ生まれ。ベルリン大学、ミュンヘン大学で学び、1929年からゲッティンゲン大学私講師。ナチスに追われてイギリスに渡り、1933年からブリストル大学で研究した。1945年ダブリン大学教授、1949年チューリヒ大学教授となる。おもな研究は、量子化学、荷電粒子の制動放射の量子論、中間子論、宇宙線などの分野である。原子が結合して分子をつくる力を解明するため、1927年にF・ロンドンと、構造が判明してきた水素分子に量子力学を適用し、化学結合の量子理論の基礎を確立。こうしてアボガドロの分子仮説以来の課題が基本的解決をみた。1948年よりロンドン王立協会会員。[藤井寛治]
『ハイトラー著、沢田克郎訳『輻射の量子論』上下(1958/オンデマンド版・2000・吉岡書房) ▽ハイトラー著、杉田元宜訳『思索と遍歴 科学と哲学の接点に立って』(1975・共立出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ハイトラー

生年月日:1904年1月2日
ドイツの理論物理学者
1981年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のハイトラーの言及

【化学結合】より

…水素原子の電子軌道はHeと同様2個の電子で安定な配置になるので,2個の原子が1個ずつの電子を出し合って共有することによって結合が形成される。このことを量子論を用いて定式化したのはハイトラーWalter Heitler(1904‐81)とロンドンFritz London(1900‐54)である(1927)。いま2個の水素原子をa,b,電子を1,2と記号づけ,水素原子aの電子軌道の波動関数をψaと表し,1番の電子がこの軌道にあるときψa(1)のように記す。…

【原子価結合法】より

…電子のこのような波動性は波動関数によって説明される。1927年,ハイトラーWalter Heitler(1904‐81)とロンドンFritz London(1900‐54)は,波動関数を用いて水素分子の結合機構を明らかにした。これが原子価結合法と呼ばれるもので,VB法と略称される。…

【化学結合】より

…水素原子の電子軌道はHeと同様2個の電子で安定な配置になるので,2個の原子が1個ずつの電子を出し合って共有することによって結合が形成される。このことを量子論を用いて定式化したのはハイトラーWalter Heitler(1904‐81)とロンドンFritz London(1900‐54)である(1927)。いま2個の水素原子をa,b,電子を1,2と記号づけ,水素原子aの電子軌道の波動関数をψaと表し,1番の電子がこの軌道にあるときψa(1)のように記す。…

【原子価結合法】より

…電子のこのような波動性は波動関数によって説明される。1927年,ハイトラーWalter Heitler(1904‐81)とロンドンFritz London(1900‐54)は,波動関数を用いて水素分子の結合機構を明らかにした。これが原子価結合法と呼ばれるもので,VB法と略称される。…

※「ハイトラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイトラーの関連キーワードロンドン(Fritz Wolfgang London)バーバー(Homi Jehangir Bhabha)ルイス(Gilbert Newton Lewis)フリッツ ロンドンW. ハイトラー原子価結合法モット絶縁体杉浦 義勝ポーリング分子軌道法分子構造論重なり積分生年月日原子価論共有結合先駆

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android