コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WPS ダブリューピーエスWPS

デジタル大辞泉の解説

ダブリュー‐ピー‐エス【WPS】[Wi-Fi protected setup]

Wi-Fi protected setup無線LAN機器の接続および暗号化など、セキュリティー上の設定を容易に行うための仕様。親機である無線LANアクセスポイントモバイルWi-Fiルーターと、子機となるパソコンやタブレット型端末を接続すると、SSIDWPAなどのセキュリティー情報が受け渡される。専用ボタンを押すプッシュボタン方式、指定の番号を入力するPINコード方式、USBメモリーを挿入する方式などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本の解説

WPS

2つの意味があります。ひとつは無線LANでパソコンとアクセスポイント間の設定を簡単に実行できるよう、Wi-Fiの業界団体が定めた規格「Wi-Fi Protected Setup」のことです。日本ではバッファローやNECがそれぞれ独自に無線LANを簡単に設定する方式を提供していますが、WPSはこれらとは互換性がありません。ウィンドウズ8では標準でWPSに対応しており、特別なソフトがなくてもWPS対応アクセスポイントとの通信設定が簡単に行えます。もうひとつは「Windows Printing System」の略で、ウィンドウズでプリンタを制御する規格です。
⇨Wi-Fi、アクセスポイント

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ダブリューピーエス【WPS】

無線LAN機器の設定方法の規格。異なるメーカーの機器間であっても、この規格に対応した機器同士なら、煩雑な無線LANへの接続やアクセス時のセキュリティー設定を容易におこなうことができる。◇「Wi-Fi protected setup」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

WPSの関連キーワードWiFiプロテクティッドセットアップAOSS宮間あや

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android