X大腸炎(読み)エックスだいちょうえん

世界大百科事典 第2版の解説

エックスだいちょうえん【X大腸炎】

ウマの病気。突然の腸炎と腸管内のガスの充満,心拍数の増加,呼吸困難,腹痛を示すが,原因がはっきりせず,治療に対しても反応しないことからこの名がある。死亡率が高く,発症24時間以内で死亡する。原因としては,細菌毒による菌体内毒血症であり,一種のショックであると考えられている。治療はショックの緩和と脱水の回復を図ることが望まれている。【本好 茂一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android