充満(読み)じゅうまん

精選版 日本国語大辞典「充満」の解説

じゅう‐まん【充満】

〘名〙
① いっぱいになること。すきまなくみちること。
※田氏家集(892頃)下・題竹林七賢図「若遇賢明聖日、廟堂充満竹林空」
※日葡辞書(1603‐04)「ヨロコビ Iǔman(ジュウマン)
② 満足すること。満ち足りて不平のないこと。
※愚管抄(1220)五「信西がふるまひ、子息の昇進、天下の執権、この充満のありさまに、義朝と云程の武士に此意趣むすぶべしやは」
③ 腹いっぱいになること。満腹。
※虎寛本狂言・布施無経(室町末‐近世初)「再三の御使で御座ったに依て、其方へ参り、斎をもたべ、充満致いては御座れども」

みち‐み・つ【充満】

[1] 〘自タ四〙 十分に満ちる。いっぱいになる。みちみちる。
※百座法談(1110)閏七月八日「諸ろの鬼魅魍両みちみてらむ」
[2] 〘自タ上二〙 ⇒みちみちる(充満)

みち‐み・ちる【充満】

〘自タ上一〙 みちみ・つ 〘自タ上二〙 =みちみつ(充満)(一)
※平家(13C前)八「京中には源氏の勢みちみちたり」
[補注]四段活用「満つ」は中世以降上二段化したと考えられるので、それに該当する例はこの項におさめた。

みち‐みち【充満】

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) 十分に満ちているさま、みちみちているさまを表わす語。
※俳諧・小柑子(1703)下「みちみちと置はきえたり鮎の塩〈雪芝〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「充満」の解説

じゅう‐まん【充満】

[名](スル)
一定の空間などに、あるものがいっぱいにみちること。「煙が室内に充満する」「民衆の間に不平が充満する」
満ち足りること。満足。
「子息の昇進、天下の執権、この―のありさまに」〈愚管抄・五〉
腹いっぱいになること。満腹。
「其方へ参り、斎(とき)をもたべ、―致いてはござれども」〈虎寛狂・布施無経

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android