充満(読み)ジュウマン

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐まん【充満】

[名](スル)
一定の空間などに、あるものがいっぱいにみちること。「煙が室内に充満する」「民衆の間に不平が充満する」
満ち足りること。満足。
「子息の昇進、天下の執権、この―のありさまに」〈愚管抄・五〉
腹いっぱいになること。満腹。
「其方へ参り、斎(とき)をもたべ、―致いてはござれども」〈虎寛狂・布施無経

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうまん【充満】

( 名 ) スル
ある空間にいっぱいにみちること。 「部屋に煙が-する」 「傍聴席に-せる人民/経国美談 竜渓
満腹になること。 「斎ときをも食べ、-致いては御座れども/狂言・布施無経 虎寛本

みちみち【充満】

( トタル ) [文] 形動タリ 
いっぱいにみちているさま。 「落着の出た美の盛りといふ物が-としてゐた/めぐりあひ 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

充満の関連情報