コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

dpm ディーピーエム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

dpm
ディーピーエム

壊変率の単位の1つ。 disintegration per minuteの略。放射性核種を含む物質から放出される放射線の強さを単位時間に崩壊する原子核の数で表わした量を壊変率といい,1分間あたりの崩壊数で表わした単位を dpm,1秒間あたりの崩壊数で表わした単位を dpsまたはベクレルという。従来はキュリーが単位として慣用され,1gのラジウムの放射能の強さを 1Ciと定めていたが,現在は 1Ci=3.70×1010dps=2.22×1012dpm と定義されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

dpmの関連キーワードマケドニア内部革命組織ニコラ グルエフスキマケドニア共和国マリ(国)VCPIトラオレEDPSVESAdpi粘結炭

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

dpmの関連情報