コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(御)榊料 さかきりょう

1件 の用語解説((御)榊料の意味・用語解説を検索)

献辞辞典の解説

(御)榊料

榊に代えてという意味合いがあります。神道において、通 夜祭・葬場祭(葬儀告別式)又は霊祭(法要)の際に、葬祭の祭祀祈祷のお祓いを頂いた神社や神 官に対して贈る謝礼、及び祝い儀式や厄払いなどで神社に詣でた際や、地鎮祭棟上げの儀式 などで、祭祀祈祷のお祓いを頂いた神社や神官に対して贈る謝礼の表書きの献辞(上書き)に用 いられます。また、通夜祭・葬場祭(葬儀告別式)又は霊祭(法要)の際の、喪家に対して贈る弔い金の表書き の献辞(上書き)にも用いることが出来ます。「榊」とは、神事に用いる椿科の常緑樹で、枝葉を神前に供えたり、玉串としても用いる神木のこ とを言います。

出典|(株)ササガワ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(御)榊料の関連キーワード小寒御祝儀茶巾でありますマイン意味合終にギブンCore CourseUndergraduate