コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

χ2分布 カイじじょうぶんぷ χ2-distribution

3件 の用語解説(χ2分布の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

χ2分布
カイじじょうぶんぷ
χ2-distribution

数理統計学の正規標本論における基本分布の一つ。 U1U2 ,…,Un を互いに独立で,それぞれ標準正規分布 N(0,1) に従う確率変数とするとき,U12U22+…+Un2 の確率分布を自由度 n の χ2 分布 χ2(n) と定義する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

χ2分布【カイにじょうぶんぷ】

数理統計学で仮説検定に用いられる分布の一つ。母集団にm種のものがそれぞれp1,p2,…,p(/m)の比率で含まれているとき,これからランダムにn個の試料をとり出したときnp1,np2,…,np(/m)に分布することが期待されるが,実現した試料分布がn1,n2,…,n(/m)だったとすると,(式1)の値はmが十分大きいとき,自由度m−1のχ2分布に従う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

カイじじょうぶんぷ【χ2分布】

確率論の分布の一。平均 0 、標準偏差 1 の正規分布からの無作為抽出標本 X1 … Xn に対し、統計量 Y=ΣXi2を自由度 n のカイ自乗とよび、 Y が従う確率分布を自由度 n のカイ自乗分布とよぶ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

χ2分布の関連キーワード確率論コルモゴロフ公算論乗法定理ベイズ推定確率の和法則ヒンチンマルチンゲール《確率論の基礎概念》《古典的ポテンシャル論とその確率論的対》

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone