コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

χ2分布 カイじじょうぶんぷχ2-distribution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

χ2分布
カイじじょうぶんぷ
χ2-distribution

数理統計学の正規標本論における基本分布の一つ。 U1U2 ,…,Un を互いに独立で,それぞれ標準正規分布 N(0,1) に従う確率変数とするとき,U12U22+…+Un2 の確率分布を自由度 n の χ2 分布 χ2(n) と定義する。 n 個の正規変量 U が中心0からどれだけ離れたふるまいをするかを表わす量であり,現象のかたより,ランダム性を記述するときに広く用いられる。たとえば,分散 σ2 の正規母集団からの大きさ n の標本に基づく標本分散 (ばらつきの尺度) 2 の確率分布は,χ2(n-1) で表わされる。これにより,母分散 σ2 に関する検定が行われる。また,データの実験仮説からのかたよりを表わすピアソンの χ2 統計量も,漸近的に χ2 分布に従うので,これに基づいて適合度検定が行われる。これら,χ2 分布を用いる検定を,χ2 検定ということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

χ2分布【カイにじょうぶんぷ】

数理統計学で仮説検定に用いられる分布の一つ。母集団にm種のものがそれぞれp1,p2,…,p(/m)の比率で含まれているとき,これからランダムにn個の試料をとり出したときnp1,np2,…,np(/m)に分布することが期待されるが,実現した試料分布がn1,n2,…,n(/m)だったとすると,(式1)の値はmが十分大きいとき,自由度m−1のχ2分布に従う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

カイじじょうぶんぷ【χ2分布】

確率論の分布の一。平均 0 、標準偏差 1 の正規分布からの無作為抽出標本 X1 … Xn に対し、統計量 Y=ΣXi 2を自由度 n のカイ自乗とよび、 Y が従う確率分布を自由度 n のカイ自乗分布とよぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

χ2分布の関連キーワードピアソン(Karl Pearson)レイリー分布4段階推定法分散分析法正規母集団数理統計学標準偏差確率変数標本分布ばらつきかたよりピアソン標本分散ふるまい確率分布自由度F検定母分散t分布試料

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android